動物と人に優しく
    川村動物病院

国際外科研究員も務めた院長渡利をはじめとしたスタッフ一同で、安心、信頼の最新医療を身近にお届けします。

川村動物病院 紹介

4つの特徴

  • 1. 信頼の獣医
    海外や国内の高度医療病院で研鑽を積んだ信頼できる獣医師が診療をおこないます。院長渡利は、ミシガン州立大学およびカリフォルニア大学ディビス校にて、また獣医師清水は日本獣医生命科学大学にて高度獣医療に携わってきた経験を生かし、複雑な治療にも対応できる体制を築いています。

  • 2. 最新の医療機器
    当院では、最新の血液検査機械、X線検査機器、超音波検査機器などを取り揃えることで、複雑な病気の診断を素早くおこなうことが可能です。また超音波メス、エアドリルなどの最新の医療機器も取り揃え、軟部外科や椎間板ヘルニアの手術にも対応しています。

  • 3. 地域密着
    40年以上北区西が丘・赤羽で開業してきたことから、地域に密着した医療を行っています。何代にも渡って病院に通って下さる患者様との交流を大切にすることで、地域に根差した医療を提供しております。また、地域の皆様との交流を深める活動を定期的におこなっています。

  • 4. 誠実な対応
    「動物と人に優しく」をモットーに、丁寧かつわかりやすい説明をおこなうことを心掛けています。診断に用いた検査結果や画像をお見せしながら、病気の原因から治療方針までを詳しくお伝えしています。また、過去に治療した患者様の事例をご紹介しながら、治療経過や予後をわかりやすくお伝えしています。

川村動物病院 スタッフ紹介

院長 渡利真也
当院では、前任の川村先生の理念である「動物と人に優しく」を引き継ぎ、地域密着型の医療を届ける事を目指しています。また、海外や日本の高度医療施設で研鑽した獣医師が診療にあたることによって、最新の医療を身近にお届けします。一つでも多くの命を救えるよう、スタッフ一同全力で取り組んで参りますので、どうぞ宜しくお願いします。

ドクターズインタビュー記事:
http://kita-doctors.com/interviewDetail/1152
http://animal.doctorsfile.jp/h/32909/df/1/

<略歴>
東京大学 農学部 獣医学専修卒業(2005年卒業)
大阪の高度医療専門病院 ネオベッツVRセンターに勤務
ミシガン州立大学 Internation Surgical 研究員修了
カリフォルニア大学 ディビス校 比較病理 修士課程 卒業。
<主な執筆・学会発表など>
・日本小動物獣医師会年次学会にて、「整形外科領域におけるCT検査の有用性」を発表、学長賞を受賞
・ペット新聞「ワンバラ・ニャンバラ(産経新聞メディックス)」にてコラム「高度医療の現場から」連載
・再生医療の領域で論文を執筆(”Modulation of Osteogenic Differentiation in Human Mesenchymal Stem Cells by Submicron Topographically-Patterned Ridges and Groove”, Biomaterial)

医長 倉橋仁之
はじめまして。このたび縁あって川村動物病院に勤めることになりました獣医師の倉𣘺仁之です。
私たちの獣医療は考えることと想うことでできています。病気のことを常に考え、患者様とご家族の最善となることを想って、より良い治療を選んでいく。そんな毎日の積み重ねがこの病院です。
温かいスタッフと共に、すべての治療に真摯に取り組んでいきますのでこれからどうぞよろしくお願いします。

<略歴>
東京農工大学農学部獣医学科卒業(2009年)
日本獣医がん学会 獣医腫瘍科Ⅱ種認定医取得(2013年)
麻布大学獣医学部 特任教員Ⅱ種 歴任

獣医師 清水幹子
日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)獣医学科卒業後、大学院研究生として博士(獣医学)を取得。

私が、獣医師を目指したのは、小学生のとき飼っていた犬がきっかけです。椎間板ヘルニアから下半身不随となり、同時に腎不全も発症してしまったのです。
大学病院で腹膜透析を受けて調子が良くなった彼の顔を見て『私もこんな仕事がしたい!』と思ったのです。
それぞれの御家庭には様々な事情があり、治療には色々な選択肢があると思います。その中で、皆様に寄り添ったその子にとって最高の治療ができるように心がけていきたいと思っています。

獣医師 藤野理恵
ホームドクターとして小さな心配事でも相談して頂けるような獣医師を目指しております。正確な診断と分かりやすい説明を心がけ、皆様のお力になれるように日々努力して参ります。どんなことでもご気軽にご相談ください。
酪農学園大学 獣医学類卒業 (2011年)

アニマルカイロプラクティック 嶋田慶三郎
米国政府公認Doctor of Chiropractic / IVCA認定アニマルカイロプラクター

カイロプラクティックの目的は神経の流れを良くし、身体機能を本来在るべき状態へ自然と回復させることだと思います。
例えば…身体を動かすこと(運動神経)、刺激を感じること(知覚神経)、呼吸や消化などの内臓を働かすこと(自律神経)この様に神経の働きとは生活をする上において必要不可欠な働きであり、この神経の働きの低下は生活の質を低下させます。
『いつまでも健康で元気でいて欲しい』―これはペットと共に暮らす方々の共通の願いです。大切な動物達の生活の質を向上する為に、是非ともアニマルカイロプラクティックをご活用ください。

トリマー 柳田恭兵

トリマー 亀谷珠央

受付 金子夏実

看護師 相川里穂

医療設備紹介

X線検査機器
当院では画像解析度が非常に高いデジタルレントゲンシステムを導入しています。
腹部・胸部また整形外科疾患などの基本的な検査に利用しております。
また、心臓病に起因する肺水腫、腫瘍性疾患、膀胱結石などの発見にも有効です。

超音波検査機器
腹部超音波検査では、肝臓(中心の胆嚢を含む)、腎臓、脾臓、膀胱、副腎、胃、十二指腸、他の消化管を詳しく検査できます。この検査により、様々な病態を把握できますが、特に腫瘍性疾患の早期発見に繋げることができます。また産科検査として、子宮蓄膿症の診断や妊娠判定にも活用できます。胸部(心臓)超音波検査では、ワンちゃんで非常に多い疾患である『弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)』等の診断が可能です。当院では検査画像・動画を一緒に見て頂きながら、病態のご説明をし、必要な治療方針をお伝えしていくように心がけています。

内視鏡検査機器
内視鏡検査では、上部消化管(胃カメラ)と下部消化管の両方の検査が可能です。
上部消化管検査では嘔吐の原因を突き止めたり、胃内異物の摘出をおこなうことが可能です。
下部消化管検査は慢性の下痢や血便の原因を調べるときに利用します。粘膜の組織を採取して、病理検査をおこなうことで、腫瘍性疾患や免疫介在性の炎症性疾患を診断することも可能です。また、腫瘍のサイズ・形状に危険が少なければ、電気ワイヤーにて焼き切る手術も実施可能です。

手術機器
当院では様々な手術機器を取り揃えています。
複雑な腹腔内、胸腔内外科に使う超音波メス(ハーモニック)を用いることによって、短時間で出血が少ない手術を実現しています。
また、高速エアドリルを用いることによって、神経外科の手術や、整形外科疾患の手術を実施することが可能です。特に、ミニチュアダックスに多い、椎間板ヘルニアの手術も実施しています。

血液検査機器
最新の全自動血球検査、血液化学検査器である、レーザーサイトおよび、カタリストを導入しています。最短30分程度の時間で、院内にて迅速な診断をおこなうことができるため、診断に基づいた治療方針をその場で提供することが可能です。
例えば、腎臓の悪い猫ちゃんに対して、その場で検査をおこない、腎臓の数値に合わせた投薬内容や治療方針の決定をおこなうことも可能です。
定期的な健康診断にも利用可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

診療時間

03-3909-4444

月~火曜、木~土曜
9:00~12:00   15:00〜19:00

日曜・祝日
9:00〜12:00   14:00〜17:00

水曜
10:00~17:00 (予約診療)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科 循環器科・整形外科・消化器科 泌尿器科・免疫疾患・ワクチン その他

川村動物病院 スタッフブログ

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・内分泌疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒115-0056
東京都北区西が丘 1丁目45−3
東京都立赤羽商業高等学校隣

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
動物救急センター 練馬
東京大学付属動物医療センター
アイペットペット保険対応動物病院
calooペット
 BreederONE