動物と人に優しく
    川村動物病院

国際外科研究員も務めた院長渡利をはじめとしたスタッフ一同で、安心、信頼の最新医療を身近にお届けします。

川村動物病院 症状別治療方針

内科

糖尿病

症状と治療方針

人でも生活習慣病としてよく知られている「糖尿病」がネコちゃんにもおこることをご存知ですか?今回は、高齢のネコちゃんで多発する糖尿病について紹介します。
先日、オスの雑種ネコの金太郎ちゃん(8歳)が、「普段はしない場所で、多量のおしっこをする」という主訴で来院されました。最近、元気・食欲もなくなってきたとのことで、血液検査をすると血糖値が高く、尿検査では、尿糖に加え、ケトン体という物質がでていることがわかりました。命に関わる状態であったことから、金太郎ちゃんは即日入院となり、点滴とインスリン注射の治療を1週間行い一命を取り留めることができました。毎日のインスリン注射が必要なものの、数ヶ月経過した後も元気に生活することができています。
人間と同様に、運動量の割に栄養過剰なネコちゃんが増えてきたことで、ネコの糖尿病の発生率が増えていると感じています。糖尿病は、目立った初期症状がなく、つい見逃しがち。しかし、発見が遅れると、命に危険が生じる病気です。また、糖尿病を発病してしまうとコントロールするため、多くのケースではインスリン注射が必要となります。うまくコントロールできないと、膀胱炎や神経症状など多くの病気が引き続いて起こってきます。栄養のバランスがとれた食事を適切な量与えて、肥満にならないよう心がけることが、糖尿病から大切なネコちゃんを守るのには重要です。
また、飲水量・尿量の増加は典型的な糖尿病のサインであるため、「お水を飲む量やおしっこの量が極端に増えていないか」を注意深い観察することも重要です。加えて、かかりつけの病院での定期的な体重チェック・尿検査・血液検査は、糖尿病の早期発見につながります。肥満が万病の元というのは、人もネコちゃんも同じです。
日頃から体調管理は十分気をつけて、ネコちゃんとの幸せな生活を送ってください。

産経メディックス ワンパラ
「ペット高度医療の現場から」 渡利執筆記事より許可を得て転載

診療時間

03-3909-4444

月~火曜、木~土曜
9:00~12:00   15:00〜19:00

日曜・祝日
9:00〜12:00   14:00〜17:00

水曜
10:00~17:00 (予約診療)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科 循環器科・整形外科・消化器科 泌尿器科・免疫疾患・ワクチン その他

川村動物病院 スタッフブログ

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・内分泌疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒115-0056
東京都北区西が丘 1丁目45−3
東京都立赤羽商業高等学校隣

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
動物救急センター 練馬
東京大学付属動物医療センター
アイペットペット保険対応動物病院
calooペット
 BreederONE