動物と人に優しく
    川村動物病院

国際外科研究員も務めた院長渡利をはじめとしたスタッフ一同で、安心、信頼の最新医療を身近にお届けします。

川村動物病院 症状別治療方針

内科

外耳炎

症状と治療方針

これから暖かくなるにつれて増える病気は皮膚病です。今回は、特に外耳炎についてお話しします。
大阪市在住のKさんと過ごす、パグのカイトちゃん(5歳)は、慢性的な外耳炎に悩まされていました。耳を触られる事を非常に嫌がるため、なかなか耳掃除ができず、常に耳を痒がる状態が続いていました。ある日突然、「激しい嘔吐、顔の傾き、四肢のふらつき、目が左右に振れる」等の症状が出たため、ホームドクターからの紹介で、専門病院を受診。頭部CT撮影を行ったところ、耳の奥の内耳と呼ばれる領域まで耳垢がたまり、外耳炎の悪化に伴う重度内耳炎と診断されました。内耳には体のバランスや運動機能を制御する前庭器官があるため、内耳炎がひどくなると、「斜頸(顔の傾き)やふらつき」等の症状が起きることがあります。
外耳から内耳に至る耳垢の洗浄、および抗生剤の投与を行い、やがて症状は改善。カイトちゃんは元通りの元気さを取り戻しました。
外耳炎は放置すると内耳炎を引き起こし、神経症状が現れることがあります。内科的な治療だけでは治らず、「耳道切開術・耳道切除術」など外科手術が必要なこともあります。
外耳炎を起こしやすい犬種では、普段の外耳のケアはとても重要。しかし、間違ったケア(耳掃除など)を行うと、症状を悪化させることがあります。外耳炎かなと思ったら、まずはホームドクターの適切な診断・治療とともに、家庭での外耳ケアの方法を教えてもらってください。
多くのワンちゃんは耳を触られるのを嫌がります。外耳ケアでは、ごほうびをあげるなど工夫をして、嫌な思いをさせないことも大切。たかが外耳炎と油断せず、これからの季節を気持ちよく乗り切ってください。

産経メディックス ワンパラ
「ペット高度医療の現場から」 渡利執筆記事より許可を得て転載

診療時間

03-3909-4444

月~火曜、木~土曜
9:00~12:00   15:00〜19:00

日曜・祝日
9:00〜12:00   14:00〜17:00

水曜
10:00~17:00 (予約診療)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科 循環器科・整形外科・消化器科 泌尿器科・免疫疾患・ワクチン その他

川村動物病院 スタッフブログ

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・内分泌疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒115-0056
東京都北区西が丘 1丁目45−3
東京都立赤羽商業高等学校隣

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
動物救急センター 練馬
東京大学付属動物医療センター
アイペットペット保険対応動物病院
calooペット
 BreederONE