動物と人に優しく
    川村動物病院

国際外科研究員も務めた院長渡利をはじめとしたスタッフ一同で、安心、信頼の最新医療を身近にお届けします。

川村動物病院 症状別治療方針

検査・その他

アメリカの教育システム

2008年7月から、ミシガン州立大学・外科フェローシッププログラムに1年間参加することになりました。私は外科診療科を中心にローテーションし、各診療科の診察、検討会、手術へ参加しています。そこで、今回は、ミシガン州立大学で感銘を受けたアメリカの教育システムについてお話をしたいと思います。
アメリカの獣医科大学病院は一般的に「教育病院」と銘打っており、文字通り教育に力を入れています。教育病院では、まず始めに学生が1次診察を行い、その後に教員が2次診察を行い最終的な診断を下します。学生は担当した症例を教員とディスカッションする中で、今まで講義で学んだ知識を応用する能力を身につけます。
私が最も感銘を受けた点は、こうした臨床現場における教育で、学生と教員の距離が非常に近く、個々の症例で非常に深い検討がなされている点です。
また、アメリカ獣医科大学の教員はほぼ全員が専門医の資格を持っており、豊富な知識を背景に学生を徹底的に教育している事も特筆すべき点です。そして、こうした非常に高い教育システムで育った学生が、専門獣医療の担い手と地域獣医療の担い手に別れ、アメリカの高度獣医療を支えているのだなと感じました。一方、日本の獣医科大学では教員数の限界などの問題からこうしたアメリカの教育システムを実現する事が難しいと言う現状があります。
しかし、日本における格差の少ない高度獣医療の実現のためには、こうした教育システムの確立が重要である事は間違いありません。もちろん、アメリカ獣医療が全ての面で優れているわけではありませんが、この留学で学ぶ事は非常に多く、外から日本の獣医療を見直す良いきっかけになりました。アメリカで多くの事を吸収し、将来的には自身が日本の高度獣医療の一翼を担えるようになりたいと切に願っています。

産経メディックス ワンパラ
「ペット高度医療の現場から」 渡利執筆記事より許可を得て転載

診療時間

03-3909-4444

月~火曜、木~土曜
9:00~12:00   15:00〜19:00

日曜・祝日
9:00〜12:00   14:00〜17:00

水曜
10:00~17:00 (予約診療)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科 循環器科・整形外科・消化器科 泌尿器科・免疫疾患・ワクチン その他

川村動物病院 スタッフブログ

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・内分泌疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒115-0056
東京都北区西が丘 1丁目45−3
東京都立赤羽商業高等学校隣

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
動物救急センター 練馬
東京大学付属動物医療センター
アイペットペット保険対応動物病院
calooペット
 BreederONE