動物と人に優しく
    川村動物病院

国際外科研究員も務めた院長渡利をはじめとしたスタッフ一同で、安心、信頼の最新医療を身近にお届けします。

川村動物病院 診療案内

初めての方へ

診療対象動物
犬 猫 ウサギ フェレット モルモット ハムスター その他
ウサギ フェレット モルモット
ハムスター
その他
対象診療科目

ご来院の前に
事故防止のため、来院時・待合室では必ずリードを付けるかキャリーに入れて放さないように皆様のご協力をお願いします。
※リード、キャリーをお持ちでなければ、お貸ししますので、お気軽にスタッフまでお申し付け下さい。

一般診療について

症状や主訴に合わせた診察をおこなっています。
診療科目は、内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・内分泌疾患・ワクチン・その他(健康管理、しつけ相談、飼育管理、フード相談)などです。診察をさせていただいた上で、問診や身体検査の結果から、必要と考えられる検査や治療をご提案させていただきます。

健康診断について

Dogドック、Catドックをはじめとする、各種健康診断
※検査項目は年齢と状態に合わせて下記の内容より最適な組み合わせをご相談の上、、決めさせていただきます。

血液検査
・全血球検査:白血球数、赤血球数などを検査します
・血液科学検査:肝障害の指標である肝酵素値、腎臓の機能をみる腎数値、内分泌疾患で異常値が出やすい血液コレステロール値、血糖値、各種血中タンパク値等を調べます。
・止血能力検査:出血を止める因子の検査です。手術を実施する全ての動物に対して、検査を実施しています。
・CRP:全身性の炎症反応が起こっているかをチェックする検査で、多発性関節炎や、縫合糸肉芽腫等の疾患の診断に有効です。

レントゲン検査
・胸部―心臓・肺を中心にチェックしていきます。
・腹部―肝臓・脾臓・腎臓などのあるべき臓器(各臓器)が、あるべき場所に、あるべきサイズで存在しているか
・その他―骨格系、胆のう、腎臓、膀胱での結石の有無、各種臓器における腫瘍性疾患の可能性などをチェックしていきます。また、異物の誤食や消化管の閉塞が疑われる場合は、バリウム造影検査をおこなうことによって、閉塞部位を特定することも可能です。

超音波検査(エコー検査)
・心臓
4つ存在する心臓の部屋とその仕切りとなっている弁構造、壁構造を中心に、一つひとつ確認します。
・腹部
各臓器を一つひとつ深部構造まで確認することで、先天性の異常や、腫瘍性疾患の早期発見に役立ちます。

内視鏡検査
・上部消化管(口腔から十二指腸まで)、下部消化管(肛門から結腸、回腸の一部・盲腸)に関して、お腹を切開して傷つけることなく、粘膜の状態を直接確認できます。また、内視鏡は異物誤飲の検査・治療にも役立ちます。

予防医療について

フィラリアについて
フィラリアは蚊に刺されることでかかってしまう、心臓の寄生虫です。フィラリア症は発症して、放置すれば死に至る恐ろしい病ですが、正しい知識を持って予防に取り組めば、100%予防できる疾患です。
当院では通常の錠剤、おやつ感覚で与えられるチュアブルタイプ、液状内服薬、背中に滴下するだけのスポットタイプ、など種々の予防薬を取り揃えています。そのワンちゃんにとってどの予防薬が負担なく投与できるかご相談の上、剤形を決めていきましょう。

ノミ・ダニ予防について
ノミ・ダニの寄生は、ワンちゃん、ネコちゃんの皮膚疾患の原因となるばかりでなく、貧血を引き起こす赤血球寄生虫症を媒介する恐い感染症です。更に近年ではダニにより媒介される『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』という人で死亡例の出ている重要な人獣共通感染症も媒介することが知られており、予防が非常に重要です。
ワンちゃん、ネコちゃんを守るだけでなく、人への影響を考慮し是非行っておきたい基本予防の一つと捉えています。

混合ワクチンについて
当院では1歳齢未満のワンちゃん・ネコちゃんには2ヶ月齢前後より4週間間隔で計3回の接種を、その後は年1回の追加接種を推奨しています。
その動物を守るのはもちろん、近隣での感染症拡大を防ぐためにも、積極的な予防医療を推奨しております。全ての混合ワクチン接種時、無料で糞便検査を行っています。

狂犬病ワクチンについて
狂犬病ワクチンの注射は、毎年一回接種することを国で定められています。接種が必要なワクチンですので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。4、5月に接種した場合は、登録手続きの代行も行っています。

外科手術について

一般的な外科手術について
・去勢・避妊
避妊・去勢手術は生後6か月~12か月をおすすめしています。
特にメスの場合、2回目の発情前の手術が乳腺腫瘍の予防に効果的であるため、早めの避妊手術をおこなうことをおすすめしています。
・乳腺腫瘍摘出出術
メスで最も多い病気の一つである乳腺腫瘍の手術にも対応しています。事前の検査で転移のリスクなどを判断した上で手術を実施することをおすすめしています。

高度な外科手術について
・専門病院で経験を積んだスタッフが対応
国内・海外の大学病院や二次診療施設で経験を積んだスタッフが、執刀にあたります。また、難易度が高い手術に関しては、東京大学附属動物医療センターとの連携の下、治療を進めさせていただきます。
・様々な外科手術に対応
体表・腹腔内腫瘍切除術、臍ヘルニア、そ径ヘルニア、会陰ヘルニア、膀胱結石除去術、胃切開術、横隔膜ヘルニア、脾臓摘出術、椎間板ヘルニア、骨頭切除術、骨折整復術など各種外科手術への対応が可能です。

麻酔管理について
・年間麻酔症例が2000件以上ある病院で働いていたスタッフを中心として、麻酔の管理をおこなっています。心臓・肝臓・腎臓などに疾患を持つ動物に対しては、できる限り麻酔のリスクを軽減できるような麻酔薬の使用や周術期管理をおこなっています。麻酔に関してご不明な点がございましたら、いつでもご相談ください。

アニマルカイロプラクティックについて

当院では米国政府公認Doctor of Chiropractic / IVCA認定アニマルカイロプラクターの資格を持った嶋田が、カイロプラクティックの施術を担当しています。
カイロプラクティックの目的は神経の流れを良くし、身体機能を本来在るべき状態へ自然と回復させることだと思います。
例えば…身体を動かすこと(運動神経)、刺激を感じること(知覚神経)、呼吸や消化などの内臓を働かすこと(自律神経)
この様に神経の働きとは生活をする上において必要不可欠な働きであり、この神経の働きの低下は生活の質を低下させます。
『いつまでも健康で元気でいて欲しい』―これはペットと共に暮らす方々の共通の願いです。
大切な動物達の生活の質を向上する為に、是非ともアニマルカイロプラクティックをご活用ください。

診療時間

03-3909-4444

月~火曜、木~土曜
9:00~12:00   15:00〜19:00

日曜・祝日
9:00〜12:00   14:00〜17:00

水曜
10:00~17:00 (予約診療)

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科 循環器科・整形外科・消化器科 泌尿器科・免疫疾患・ワクチン その他

川村動物病院 スタッフブログ

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・モルモット・その他

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・免疫疾患・内分泌疾患・ワクチン・その他

アクセス

〒115-0056
東京都北区西が丘 1丁目45−3
東京都立赤羽商業高等学校隣

大きな地図で見る

お支払い方法について

現金
各種カード使用可能
クレジットカート種類

各種保険取扱いについて
アニコム損保窓口精算対応可能
アイペット窓口精算対応可能

アニコム損害保険株式会社
アイペットペット保険対応動物病院

(診療の際は保険証を必ずご提示ください)
他各種保険対応可能

診療明細書発行

*診療報告書、経過報告書などの各種書類発行も可能です。
ご不明な点がございましたら、受付スタッフまでお問い合わせください

ライフメイト動物病院グループ
動物救急センター 練馬
東京大学付属動物医療センター
アイペットペット保険対応動物病院
calooペット
 BreederONE