スタッフ紹介
動物と人に優しく

川村動物病院 スタッフ紹介

渡利先生HP用写真

グループ統括獣医師 渡利真也

当院では、前任の川村先生の理念である「動物と人に優しく」を引き継ぎ、地域密着型の医療を届ける事を目指しています。また、海外や日本の高度医療施設で研鑽した獣医師が診療にあたることによって、最新の医療を身近にお届けします。一つでも多くの命を救えるよう、スタッフ一同全力で取り組んで参りますので、どうぞ宜しくお願いします。

ペピーインタビュー記事:
https://pepy.jp/63355

ドクターズインタビュー記事:
http://kita-doctors.com/interviewDetail/1152 http://animal.doctorsfile.jp/h/32909/df/1/

<略歴>
東京大学 農学部 獣医学専修卒業(2005年卒業)
大阪の高度医療専門病院 ネオベッツVRセンターに勤務
ミシガン州立大学 Internation Surgical 研究員修了
カリフォルニア大学 ディビス校 比較病理 修士課程 卒業。

<主な執筆・学会発表など>
・日本小動物獣医師会年次学会にて、「整形外科領域におけるCT検査の有用性」を発表、学長賞を受賞
・ペット新聞「ワンバラ・ニャンバラ(産経新聞メディックス)」にてコラム「高度医療の現場から」連載
・再生医療の領域で論文を執筆(”Modulation of Osteogenic Differentiation in Human Mesenchymal Stem Cells by Submicron Topographically-Patterned Ridges and Groove”, Biomaterial)

門田先生柴犬写真

院長 獣医師 門田勇介

今まで小動物臨床を続けてきた中で「病気を見つけ、治す」というだけでは獣医師の仕事として足りないと感じており、飼い主様それぞれの悩みや相談に対応できる良きパートナーでもありたいと考えています。

ペットの平均寿命の延長や獣医療の発展に伴い病気との付き合い方も複雑になってきていますが、私の方からも出来るだけ色々な選択肢を提示して飼い主様の納得できる形に出来ればと考えておりますので、ぜひご相談ください。

<略歴>
東京大学 獣医学専修 卒業
都内動物病院二軒にて、総合診療に従事
都内の眼科二次診療施設にて研修医を歴任
得意分野は内科と眼科

img_07

非常勤獣医師 清水幹子

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)獣医学科卒業後、大学院研究生として博士(獣医学)を取得。

私が、獣医師を目指したのは、小学生のとき飼っていた犬がきっかけです。椎間板ヘルニアから下半身不随となり、同時に腎不全も発症してしまったのです。

大学病院で腹膜透析を受けて調子が良くなった彼の顔を見て『私もこんな仕事がしたい!』と思ったのです。

それぞれの御家庭には様々な事情があり、治療には色々な選択肢があると思います。その中で、皆様に寄り添ったその子にとって最高の治療ができるように心がけていきたいと思っています。

img_21

獣医師 藤野理恵

ホームドクターとして小さな心配事でも相談して頂けるような獣医師を目指しております。正確な診断と分かりやすい説明を心がけ、皆様のお力になれるように日々努力して参ります。どんなことでもご気軽にご相談ください。
酪農学園大学 獣医学類卒業 (2011年)

動物看護師・動物看護助手・トリマー

久保優夏、滑川芽衣、久我萌々香、小杉郁里

川村動物病院

LINE

動物病院のお得な情報を
いち早くお届けします!

友だち追加
Recruitment

Copyright 2022 川村動物病院 All rights reserved.